<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -| ? |
印象って大切ですよね
「人たらし」のブラック心理術―初対面で100%好感を持たせる方法
「人たらし」のブラック心理術―初対面で100%好感を持たせる方法
内藤 誼人
別に人間関係で悩んでる訳じゃないんですが、わがままをどうしても通したい時って、必ず誰かしらにしわ寄せが来てしまうものです。例えば注射を打たれるのであれば、モタモタ打たれて痛い思いをするより、サクッと痛くなく打ってくれた方が良いですよね。そんなニュアンスで読んでみました。
| ブック | 00:40 | comments(0) | trackbacks(0)| ? |
流行りものなので。。ではありません
さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学
さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学
山田 真哉

訳あって会計を覚える必要性がいろいろ出てきまして。で、会計ってとっつきづらいです。何しろ左脳ですからね。。この本の良いところは実践!というよりも何故、会計なのか?という部分を面白い例で取り上げてるのが良いです。読み物としての完成度が高いので、会計とは関係なく流行ってる理由がよく分かります。
| ブック | 02:16 | comments(5) | trackbacks(0)| ? |
あのPHAIDONからこんな本が
大事なのは今のあなたじゃない。この先、どのくらい上を目指そうと思っているかだ。
大事なのは今のあなたじゃない。
この先、どのくらい上を目指そうと思っているかだ。

ポール アーデン
美術書ではだいぶお世話になっているPHAIDONレーベルからちょっと面白いビジネス書のようなものがでてました。主にクリエイターに向けた自己啓発寄りな内容なんですが、右脳と左脳の両方がグッと来る感じです。一番気に入ったキャッチ「問題が解決できないのは、きみがルール通りにプレーしているからだ」
| ブック | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0)| ? |
社長を比較してみる
堀江貴文のカンタン!儲かる会社のつくり方
堀江貴文のカンタン!儲かる会社のつくり方
堀江 貴文
これはちょっと前に読んだ本。節々に聞いたことのある話が含まれています。それだけ有名なんですね。なんと言っても的確な決断力がすごい。タイトルにはカンタン!なんて書いてあるけど、これは決して簡単ではないです。例えば車の運転があまり上手くない人と乗ると運転って結構難しいんだなあって思うけど、運転が上手い人と乗ると自分でもすぐに運転できるんじゃないかって思っちゃう。そんなニュアンスです。GREEの社長のと読み比べると面白いかも。
| ブック | 02:24 | comments(0) | trackbacks(1)| ? |
GREEには招待されてないけど
僕が六本木に会社をつくるまで
僕が六本木に会社をつくるまで
田中 良和
最近読んだ本。GREEは招待されてないのでどんな使い勝手なのかは定かではないんですが、パラパラっと読んでみて今の自分の身の丈に何だかピッタリきてる感じがして買いました。IT企業ってどこも似たようなワークフローな部分があるようで。自分のやりたいことをビジネスモデルとして成功させるまでの葛藤が親近感を覚え、ついついうなずいちゃう感じ。誰かGREE招待してくれないかなあ。
| ブック | 02:09 | comments(0) | trackbacks(1)| ? |
ゴールは何か
GQ JAPAN 11月号 [雑誌]
GQ JAPAN 11月号 [雑誌]
久々に買ったGQ。マイクロソフトジャパン社長の古川さんの引退の話は結構グッときます。一番面白かったのはIT企業の社長がそれぞれ持っている会社のゴールがどんなものかという記事。目標は持ってるけど、そのゴールは一体何を目指しているのだろうか。。とふと自分のことを考えてしまいました。
| ブック | 01:16 | comments(0) | trackbacks(0)| ? |
ほんとにいいものが作れればプレゼンなんて。。
ひとつ上のプレゼン。
ひとつ上のプレゼン。
眞木 準
社内で見つけてちょっと面白そうだったので買ってしまいました。クリエイターが好みそうないかにもな文章とかちょっとなあ、と思つつも、この本自体どこかプレゼンじみているということで納得。いいものを作るだけがデザイナーじゃない。最近よくそう思います。
| ブック | 01:30 | comments(0) | trackbacks(1)| ? |
電車でMBA
通勤大学MBA〈3〉クリティカルシンキング
通勤大学MBA〈3〉クリティカルシンキング
グローバルタスクフォース, 青井 倫一
一向に忙しさがおさまらず、自分の時間がどんどん磨り減る日々。村上春樹的に言うなら「文化的雪かき」。今日は仕事帰りに本屋で立ち読みしました。で、買ったのがこの本。何が良いかというと、こんなお堅いタイトルの割に内容はとてもフレンドリーなところです。今回は「クリティカルシンキング」、物事を批判的に捉えるという、一歩間違えると人間不信にもなりかねなさそうなものを買ってみました。この通勤大学MBAシリーズ、他のも読んでみたいです。
| ブック | 01:21 | comments(0) | trackbacks(0)| ? |
結構いい感じだったので
日本の家紋
日本の家紋
青人社
久しぶりに行ったワタリウムで見つけた家紋の本。なんで家紋なんかに目がいったのかは分かりませんが、意外とあなどれないです。黄金比とかモンドリアンテイストなバランスが氾濫している中、こういった日本独自の間の取り方とかステキに感じました。
| ブック | 21:12 | comments(2) | trackbacks(0)| ? |
やっぱり大好き

a+uのPeter Zumthor特集。なにしろValsの写真がすごくいい感じ。平面図を見ていたらまた行きたくなってしまいました。英語が苦手な自分には日本語の解説がとても嬉しい限りです。主張の強い建築ってたくさんありますが、無駄がなくデザインよりも使い勝手を重視した印象を作品から受けるのは、やはり彼が大工出身だからなのでしょうか。
| ブック | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0)| ? |
  >>