<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -| ? |
12/25の夢
沖縄のちょっと外れにあるような無人島に急に4人くらいの人達とたどり着く。経緯はよく分からない。どこか不自然なカラフルさがある。何となくダラダラ生活してると島はどんどん発達してくる。何故か海岸までが舗装されてしまい景観はとても崩れてしまう。悪趣味な色合いの彫刻を作る彫刻家の家があったが、あっただけで特に絡まなかった。たまにこの島のイメージキャラクター?みたいなキツネ目の小太りな変なキャラクターが踊りだす。昔の上司が両手に派手に点滅するライトをもってパックマンの敵みたいなキャラクターに変装して海沿いをハイテンションで走り回っている。ハイテンション過ぎて途中で転ぶとそれを眺めていた僕はじっと睨まれる。怒っていたようだ。海辺には下品な観光客みたいな人達で溢れかえっていた。
| 昨日見た夢 | 08:50 | comments(0) | trackbacks(134)| ? |
11/5の夢
昔の会社のカスタマーサポートの人と住宅街を歩いているとモヤの中に線路が走っていた。ちょうど電車が来たので慌てて写真を撮る。電車は普通のJRっぽい電車。あたりを見渡すと近所のおばさんたちが不自然に立ち話している。そのまわりの石垣や塀に色鮮やかなサボテンが寄生しているかのように張り付いてる。植木鉢の植物なんかにもサボテンが絡みついている。道を歩いていくとちょっと高めの塔のような建物全体にいろんな色のサボテンが絡みついててすごく綺麗だったので写真を撮る。カメラの電池が無くなりそうで、慌てて撮ろうとするけどなかなか構図が定まらなくてとても焦った。
| 昨日見た夢 | 01:51 | comments(0) | trackbacks(0)| ? |
6/3の夢
ディズニーランドのような場所に特別招待され行ってみると、とてもどんよりしている。殺風景な工場のよう。なぜかビッグサンダーマウンテンに乗ってみたくなって行ってみると行列ができている。行列の途中のいたるとこに休憩用のテーブルと椅子が用意されているけど、そこに座ってしまうと順番を越されてしまう。タイの女の人が迎えに来てくれて「もう帰ろう」とタイ語なのかよく分からない言葉で話してくれたので、一緒に帰ることにした。
| 昨日見た夢 | 01:47 | comments(0) | trackbacks(1)| ? |
11/21の夢
ありふれたホテルの一室で白い蛇にしつこく追い回される。顔は村上隆の作品イメージに近いが全体的に生めかしくてものすごく気持ち悪い。動きもとても早い。何人かの見覚えのある人が入ってきてその蛇をぐちゃぐちゃにし始める。けど、その風景も異様に気持ち悪かった。その後、白い大きめのダンゴムシのような生き物(以前X51.orgで見つけたかなり気持ち悪い生き物)が出てきて、とても早い動きで部屋をかけ回りだしたので、うんざりした。
| 昨日見た夢 | 02:01 | comments(0) | trackbacks(0)| ? |
10/22の夢
白い大きな洋館があって扉を開けると七色にライトアップされたボーリング場になっている。促されるままに中に入るとボールではなくて鉄アレーみたいな形のものに指の穴が開いていた。それに対しては何も疑問を持たずにボールを投げようとすると指からボールが抜けなくなってしまい、いくら腕を振っても駄目だった。気がつくと周りの冷たい視線が感じられた。
| 昨日見た夢 | 22:55 | comments(0) | trackbacks(0)| ? |
5/23の夢
最近すごく夢を見る。大丈夫かなあ。。
ごく普通の民家の階段をのぼると、また違ったテイストの民家にたどり着く。そうやって入り組んだ様々な民家の階段をのぼりきると、屋上への扉の前に人がいて扉をていねいに開けてくれる。屋上はものすごい高度で雲の中にいるのか、グレーがかっている。コンクリート打ちっぱなしの大きな雨よけと柱があってその下に土俵がある。それが3つあってかなり広い屋上。何故か僕は前来た時は一つしかないことを知っている。やせた貴乃花がいて、勝負するとあっけなく僕が勝ったが、「ギャグだよ、負けてやったんだって」と言われた。気づくと家族と筒状の変な乗り物で急速に落下していた。途中、軍隊のような人たちが煙をちらしながら乗り込んでくる。乗り物には窓がないため相当危なっかしい。でも無事に着地した、ような気がする。
| 昨日見た夢 | 00:52 | comments(0) | trackbacks(0)| ? |
5/21の夢
誰かと二人でどこかからの帰り道を歩いている。何気ない中規模くらいの商店街。門を曲がると急にひらけた道路と茶色い草原が続いていて、そこには砂でできた茶褐色の神社があった。狛犬が地面にうなだれてマッタリしていて、仏像らしき像もどこかやる気ない。中年くらいの人たちがイスに座って世間話をしている。珍しい風景で必死に携帯カメラで撮影した。気づくと全く違う風景で一匹の虎が岩場をウロウロ走り回っていて、誰かが銃を持ってその虎を追いかける。地面に大きな穴があってそこに虎が落ちてしまう。中で虎が上を見ていた。
| 昨日見た夢 | 10:46 | comments(0) | trackbacks(0)| ? |
5/17の夢
マンションの一室のような事務所でライブドアの堀江さんと数人のデザイナーが所狭しと働いている。デザイナーはみんな個性が強く、全身軍服の女性とかがいたりした。堀江さんが客先に行くと言い出すと、10人くらいデザイナーが出てきてみんな外に出て行った。僕も急かされるものの、何故か靴下が上手く履けなくてマンションに取り残される。やっと履けて外にでると車の中にみんながギュウギュウに入ってて、僕もその中へ。道路を走ってるかと思うと、いつの間に池の水面を走っていて、そのうち浸水しだした。慌てて外に出るとデザイナー達は楽しそうに泳いでいて、僕は片方のスニーカーが脱げてて不安になった、ところで目が覚めました。
| 昨日見た夢 | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0)| ? |
5/10の夢
気づくと5階建てのとある部屋にいた。両サイドに全面ガラス張りの小部屋が仕切られていて、何故か自宅のような居心地。市松模様の床でどこからともなく爽やかな日光が差し込んでいる。中学生ぐらいのあまりパッとしない白人が何人か来て、おでこを指さされ、「ひたいの事を英語でエネミと言うんだよ」と言われた。エネミという言葉がひっかかって、朝寝ぼけながらググってみたけど、大したものはでてきませんでした。
| 昨日見た夢 | 02:44 | comments(2) | trackbacks(0)| ? |
4/19の夢
スズメバチに刺されて以来、定期的にスズメバチに襲われるような夢を見て、汗だくで目覚める事があるのですが、昨日見た夢では、生まれたての赤ちゃんくらいの大きさもあるなまめかしいスズメバチが部屋の隅に横たわっていました。微妙に身体を動かす姿にものすごい恐怖を感じ、身動きひとつ取れずにいました。そして目覚めると今日も汗だくでした。
| 昨日見た夢 | 00:58 | comments(1) | trackbacks(0)| ? |
  >>